日当たりが良いリビングには遮熱やUVカットのカーテンがぴったり

日差しを取り入れるメリットとデメリットを理解することが大切

リビングは住宅において家族一同がくつろぐ場として扱われます。そのため、居心地の良さが何よりも重視されると言っても過言ではありません。特に日当たりの良し悪しはリビングの居住性を大きく左右するポイントなので、住宅の多くはリビングに大きな窓を使用しています。日差しを室内に入れることで明るさを保ち、室温を外気並みに上げるメリットがありますが、その一方で日差しが入り過ぎることによる室温の急激な上昇には注意しなければいけません。また、日差しには人体に害をもたらす紫外線も含まれていることから、無暗に室内に入れるのは危険と言えます。快適かつ健康的な暮らしを営むには日差しを調節できるカーテンの使用が重要と言えるでしょう。

高い遮熱性とUVカット機能を持つカーテンを選ぶ

リビング用のカーテンは何でも良いわけではありません。強い日差しによる室温の上昇や紫外線の侵入を防ぐためには相応の機能を持つカーテンを選ぶ必要があります。リビング用のカーテンは高い遮熱性を持ち、紫外線をカットできる物が最適です。遮熱性の高さはカーテン生地の厚さに比例しますが、厚くなるほど重量も増すのでその点は注意しなければいけません。また、紫外線についてはUVカット機能付きと表記されているカーテンが適しています。インテリア用品店やホームセンターの他、カーテンを専門に扱う通販業者で購入することができるので、リビングの雰囲気に適したデザインや色合いの製品を選ぶことによって居心地の良い空間を作ることができます。