家族のコミュニケーションが増える?オレンジや黄色のカーテン

心は色に左右される?!色が与える影響とは?

花や木々、ファッション、食べ物など生活の中にはさまざまな「色」があります。人間は8割以上の情報を視覚から得ているため、色は人の心理にも影響を与えるのです。青色は寒い、赤色は暑い、黒は重い、白は軽いと感じるのも色が与える効果になります。人間は、色によって気分が変わってしまうのです。 色が人に与える影響は研究されています。オレンジは喜び、活発、陽気、健全、あたたかいイメージをもつ色です。また、黄色には愉快、元気、好奇心、希望、無邪気、幸福なイメージがあります。「ビタミンカラー」とも呼ばれるこの2色は、明るい気分になれる、元気を与える色と言われています。そのためインテリアや看板、洋服などいろいろな物に使われているのです。

お部屋のカーテンにはオレンジや黄色がベストな理由

カーテンは大きな面積を占めるインテリアなので、カーテンを変えれば部屋のイメージが変えられます。そこで、カーテンの色をオレンジや黄色に変えてみましょう。 オレンジや黄色は、気分を明るくする効果のある色です。また、風水でオレンジは「人気運」「子宝運」をアップする色になります。黄色は、「金運」「家庭運」がアップすると言われています。カーテンにオレンジや黄色を使うと、明るく人を迎える雰囲気が作れるのです。 ただし、ビビッドな色合いは興奮させる作用があるため気をつけましょう。カーテンにオレンジや黄色を使うなら、やわらかい色か、柄があるものがオススメです。 明るい雰囲気の部屋は心理的に人が集まりやすくなるため、家族のコミュニケーションが増えることもあるかもしれません。